多摩六都科学館組合-多摩六都科学館組合のホームページへようこそ!

文字サイズを標準にする文字サイズを大きくする

多摩六都科学館

HOME >  多摩六都科学館  >  多摩六都科学館

多摩六都科学館の情報のページです。

・昭和62年 1月 小平市、東村山市、田無市、保谷市、清瀬市、東久留米市 の6市によって、多摩北部都市広域行政圏協議会を組織・設置

 

・昭和63年11月 多摩北部都市広域行政圏協議会により子供科学博物館の建設を構想

 

・平成元年7月  (仮称)子供科学博物館基本構想検討委員会(委員長 青木國夫)が発足し、「(仮称)子供科学博物館の基本構想書」を答申(平成2年1月)

 

・平成 2年10月  基本設計を環境デザイン研究所に委託する

 

・平成 6年 3月  開館

 

・平成13年 1月   リニューアルオープン(常設展示の更新及び休憩室の増設・科学館ボランティアが活動開始)

はっけんテーブル

 

・平成14年 7月 開館以来の累積入館者数が100万人を達成

 

 

・平成14年12月  多摩六都科学館運営協議会(会長 滝川洋二)設置。「多摩六都科学館 運営基本方針報告書」(平成15年7月)を答申

 

・平成15年 4月  サイエンス友の会を発足

友の会ニュース

 

・平成15年12月  多摩六都科学館基本計画を策定

 

・平成16年 4月  多摩六都科学館組合事業評価委員会(委員長 斎藤隆雄)を発足

高柳雄一館長が就任

 

・平成16年 8月  多摩六都科学館理科教育研究懇談会を発足

 

・平成17年 7月  夏季教員セミナーの実施(東京学芸大学との連携事業)

夏季教員セミナー

・平成18年 1月  累積入館者数150万人を達成

 

・平成19年10月  耐震偽装疑惑による調査のため一時休館(約1か月間)

 

・平成19年11月  建築物の安全性が確認されたため再開

事業再開

 

平成21年 3月   開館15周年を迎える(3月1日)

開館15周年

・平成21年 7月  累積入館者数200万人を達成

 

・平成23年 3月  東日本大震災のため、3月15日から31日まで臨時休館

 

・平成23年11月 プラネタリウムドーム改修工事のため、プラネタリウムと全天周映画の上映を休止(平成24年6月末まで)

照明と天頂部 天頂部の様子

 

・平成24年 4月 多摩六都科学館の管理運営に指定管理者制度を導入。

株式会社乃村工藝社が指定管理者として管理運営を開始(指定期間 5年間)

桜とサイエンスエッグ

 

 ・平成24年 7月 多摩六都科学館プラネタリウムがリニューアルオープン(7月7日)。

大型機種としては初の高輝度LED光源の光学式投影機は世界最多の星数(1億4千万個)。4Kプロジェクター4台によるデュアルプロジェクション方式のデジタル映像も最新鋭の機能となる。

平成24年 12月 展示室の一部リニューアル工事

平成25年   3月 展示室リニューアルオープン

Do  Science=「科学する」をテーマに展示室がリニューアル。チャレンジの部屋・からだの部屋・しくみの部屋・自然の部屋・地球の部屋に生まれ変わり、新しくできた4つのラボでは体験型の教室が行われます。

プラネタリウム、展示室のリニューアルのあった1年となりましたが、平成25年3月31日に開館以来初めて年間利用者数が18万人を超えました。

 

平成26年 3月 開館20周年を迎える (3月1日)

3月1日(土曜日)、2日(日曜日)に開館20周年記念たまろくと市民感謝デーを開催しました。

開館20周年記念たまろくと市民感謝デーのご報告はこちら

開館20周年記念式典開館20周年記念ロクトステージ開館20周年記念たまろくとご当地グルメフェスティバル

 

○多摩六都科学館ホームページは多摩六都科学館のページへ

○基本理念 多摩六都科学館の使命(ミッションステートメント)はミッションステートメントのページへ

 

プリンタ用画面

多摩六都科学館ホームページ

多摩六都科学館ホームページをご覧になりたい方はこちら

 

このページの先頭へ

多摩六都科学館は小平市東村山市清瀬市東久留米市西東京市によって運営されています。

多摩六都科学館組合

〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64

TEL 042-469-6982
FAX 042-469-7575

組合への交通アクセス窓口受付時間